日大アメフット部から観るパラダム|大阪・京都・兵庫・奈良のメンタルトレーニング・ゾーンコーチング・心理カウンセリング。個人コーチングから企業研修まで。

会社案内

お問い合わせ

スポーツ・ビジネス・芸術などあらゆるパフォーマンス・集中力の向上 Esprit PRESENTS ゾーンコーチング

06-6308-2787

【受付時間】9:00~19:00 【定休日】祝日

コラム

日大アメフット部から観るパラダイム

日本大学×関西学院大学のアメリカンフィットボール定期戦で

日大の選手が関西学院大の選手に

意図的に怪我を負わせる悪質な反則行為に関して、

ニュース番組や情報番組で取りあげられています。

 

反則行為に至ったのには

監督、コーチの指示だったという選手の話と

選手の言葉の取り違え(解釈の違い)だとするコーチの話があるが、

なぜしてはいけない反則行為を選手はしてしまったのか。

ここに日大アメフット部にあるパラダイムが観えてきます。

 

・監督、コーチの言うことにはなんでも従わなければいけない

・監督、コーチは権力のある人

・権力のある人に自分の考えを言ってはいけない

・勝利至上主義

 

いつの間にかできてしまったパラダイムが

コミュニケーションを滞らせ意思疎通をできなくさせてしまうのです。

しっかりと会話できる関係性であれば

このようなことは起きなかったのではないでしょうか?

 

あなたのチームの関係性・コミュニケーションは通っていますか。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る