世界卓球準決勝での自己コントロール|大阪・京都・兵庫・奈良のメンタルトレーニング・ゾーンコーチング・心理カウンセリング。個人コーチングから企業研修まで。

会社案内

お問い合わせ

スポーツ・ビジネス・芸術などあらゆるパフォーマンス・集中力の向上 Esprit PRESENTS ゾーンコーチング

06-6308-2787

【受付時間】9:00~19:00 【定休日】祝日

コラム

世界卓球準決勝での自己コントロール

卓球世界選手権団体で日本女子が銀メダルを獲得しました!

おめでとうございます!!

私は、女子・男子のどの試合も見入ってしまいましたが、

準決勝女子での2試合目、

石川佳純選手のメンタルに着目しました。

 

「卓球フリー画像」の画像検索結果

 

対戦相手は、コリアのキム・ソンイ選手

試合は2対2と最終第5ゲームまでもつれ込みました。

そしてその第5ゲームでは、

キム選手のボールがエッジに当たってポイントとなる

石川選手にとってはアンラッキーなことが3度もありました。

10-10で向かえた石川選手の強打を

キム選手が何とか返球した浮き球がエッジに当たり

10-11となりマッチポイントはキム選手へ。

 

これは、2度目のエッジボールでした。

接戦のときのエッジボールは集中力を削がれやすいもの

ここでアンラッキーなことに心を奪われてしまうと

負けてしまいがちですが、

石川選手は「やばいな」と思ったとのことですが、

直ぐにそのことを手放したのでしょう

次のポイントを連取し13-12とマッチポイントを取り返しました。

 

ところが、ここでまたエッジボールで13-13。

次も失点して13-14とピンチになりましたが、

その後冷静にボールをつないで3連続得点16-14で勝利しました。

 

「心は何度も折れそうになった」と石川選手

それでも勝ち切ることができたのは

状況に引きずられずにその都度気持ちを手放し

今ボールを打つことだけに集中するという

自己コントロールができたからだと思います。

 

 

ネガティブな気持ちをポジティブに変えるというは時間がかかります。

ある気持ちをあると認めて手放すことは一瞬でできます。

あなたもぜひやってみてください!

 

 

ページトップへ戻る