見えにくい自分の心の状態(ラウンドコーチング)|大阪・京都・兵庫・奈良のメンタルトレーニング・ゾーンコーチング・心理カウンセリング。個人コーチングから企業研修まで。

会社案内

お問い合わせ

スポーツ・ビジネス・芸術などあらゆるパフォーマンス・集中力の向上 Esprit PRESENTS ゾーンコーチング

06-6308-2787

【受付時間】9:00~19:00 【定休日】祝日

コラム

見えにくい自分の心の状態(ラウンドコーチング)

みなさん、こんにちは!

先日クライアントさんとゴルフのラウンドコーチングに行ってきました。

お天気も気温も申し分なく、

とっても気持ちよくラウンドすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラウンドコーチングってどんな風にするの?ってことですが、

私は技術のコーチではないので技術は教えません。

じゃあどうするのか!

ゴルファーのみなさん、ショット前の自分のセルフトークに気づいてますか?

ティグランドに立ったときどんな言葉を発していますか?

もしくは考えていますか?

「うわ~、狭いなあ、両サイドOBだし」

「〇〇さん、凄く飛ばしてるな!」

「よ~し、飛ばすぞ!」

「見られてると緊張するな」

などなどさまざまですが、

自分で気づいているかいないかにかかわらず

結構いろいろ考えているんです。

 

そして、この考えや言葉が

体を緊張させたり、おかしな動きをさせているのです。

ということで、自分で気づきにくい

このセルフトークに気づいてもらう会話をしながら

そして気づいた後どうするのかを実践しながらラウンドするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体験していただいたクライアントさん、

初めての体験に

「こんなゴルフの仕方もあるんですね、面白い」

とおっしゃっていました。

 

みなさん、ショットを失敗すると

スイングばかりを調整しようとして

どんどんどうしていいか分からなくなった体験ありますよね。

一度セルフトークを観察してみてください!

 

ゴルフラウンドコーチングに興味のある方は

ぜひお問い合わせください!

 

ちなみに私は打ちっぱなしは全くせずに

コーチングでコンスタントに80台~90台前半でラウンドします!

 

ページトップへ戻る