羽生結弦選手のセルフコーチング|大阪・京都・兵庫・奈良のメンタルトレーニング・ゾーンコーチング・心理カウンセリング。個人コーチングから企業研修まで。

会社案内

お問い合わせ

スポーツ・ビジネス・芸術などあらゆるパフォーマンス・集中力の向上 Esprit PRESENTS ゾーンコーチング

06-6308-2787

【受付時間】9:00~19:00 【定休日】祝日

コラム

羽生結弦選手のセルフコーチング

2015年のフィギュアNHK杯322.40点をマークして

世界最高得点で優勝した羽入選手

その2週間後のGPファイナルでは

NHK杯を超える得点をと周りからの期待があり、

また自らも最高得点を出した次の試合だからこそ

超えることが大事とプレッシャーをかけていました。

 

そのプレッシャーをどうコントロールしたのか。

多くの場合は、良い得点をださなければと思いがちです。

そう思うことは、知らず知らずのうちに緊張を高めます。

そこで羽入選手は目指すところは点数ではなく、

どんな思いを込めて演技をするのか

その思いや心を大切にすると決めたとのこと。

 

この考え方大事なのです。

なぜなら点数は人(審査員)が付けるもので

自分ではコントロールできないものですね。

演技にどんな思いを込めるかは自分でコントロールできることです。

 

自分でコントロールできることと、できないことを見分け

コントロールできないことは手放し

コントロールできることにしっかり取り組むことが結果につながるのです!!

羽生

 


フリーで演技する羽生(AP)出典girlschannel.net

ページトップへ戻る