スポーツ指導で残念なこと|大阪・京都・兵庫・奈良のメンタルトレーニング・ゾーンコーチング・心理カウンセリング。個人コーチングから企業研修まで。

会社案内

お問い合わせ

スポーツ・ビジネス・芸術などあらゆるパフォーマンス・集中力の向上 Esprit PRESENTS ゾーンコーチング

06-6308-2787

【受付時間】9:00~19:00 【定休日】祝日

セミナー

スポーツ指導で残念なこと

子どもに理不尽強いる「ブラック部活」の実情

丸刈りや白飯2杯ノルマも当たり前<AERA> Yahoo!ニュースより

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151026-00000010-sasahi-soci

 

中高の部活だけでなく、地域のクラブでもあることで

私も保護者の方から相談を受けたことがあります。

小学生のバレーボールチームでしたが、

強くなりたいということでお願いしたコーチが、怒鳴ったり暴言はいつも

できないことがあると「親の顔が見たい」といった関係のないことまで持ち出す。

親が言葉を変えてほしいなど依頼すると

その子どもが集中的に怒鳴られたり、外されたりするので

親もコーチに何も言えないといったことでした。

そして、とうとう殴るという暴力にまで至ってしまったのです。

 

記事の中にもありましたが

指導者が自分の学生の時にもこうだったから同じようにしてしまう

ということは分からなくもありませんが、ものごとは進化しています。

より選手の能力を発揮させることができる指導方法があるということも

知って学んでほしいです。

本来はもっと伸びるはずの力を潰してしまっていることに気づいてほしいです。

 

 

「選手の能力引き出すコミュニケーションのスキルとセンス」をお伝えする講座

スポーツ指導者突破塾を開講します。

先ずは、どんなスキルを手に入れていただけるのかの説明会と

指導のなかでのお困りごとなどを一緒に考える相談会を行います。

日 時: 11月17日(火) 19:00~20:30

会 場: レンタスペース

地下鉄御堂筋線西中島南方駅②番出口すぐ

阪急京都線南方駅西改札から徒歩1分

参加費: 無料

 

 

 

指導者説明会

 

ページトップへ戻る